×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脱毛日記ブログ

コストパフォーマンスを考えると家庭用脱毛器がイチバン!

お金に余裕があるのならエステで脱毛したいところだけど、通う手間も考えると自宅で好きな時に手入れ出来るのがいいと思い、家庭用の脱毛器を使用しています。
国内の某メーカーの物で、もう3年ぐらい経ちますけど全然壊れません。
脱毛方法は簡単で、お風呂上がりの清潔な肌の上をすべらせるだけで、毛が抜けるシンプルな物です。
現在も同じタイプの脱毛器が販売されています。
脱毛する場所は主に、ウデとアシです。
全く痛みが無いかと言うとそうではありません。でも、使う内に最初ほど痛みを感じなくなりました。
今発売されている光脱毛もいいのですが、今すぐ毛を無くしたい時には抜き取りタイプは重宝しますね。
電源を入れるとやや音が気になりますけど、確実に毛を処理できる所がお気に入りです。
ただ気をつけたいのが、肌の調子がイマイチな時は避けた方が無難です。
処理したあとの肌は無理に毛を抜いているせいもあって荒れやすく感じます。
なので肌をいたわる為にも、アフターケアとしてボディークリームなど塗るようにしています。
これさえしておけば、まったく問題なしのツルツルです。

光の照射が効果的な家庭用脱毛器

脱毛エステに通えばきれいに脱毛できることは分かっていても、費用や時間を考えるとなかなか通えないでいました。そんな時に注目して購入したのが、ますます進化し続ける家庭用脱毛器でした。これまでのレーザー脱毛器の場合、照射の範囲が狭かったり多少の痛みを感じたりすることがありました。でも最近では照射の範囲が広かったり、痛みや熱さが少ない肌に優しいタイプの脱毛器が増えてきています。

 

私が試しているのはフラッシュ脱毛ができる家庭用脱毛器です。脱毛効果は抜群でとてもきれいになり、徐々に永久脱毛と同じ効果を得ることができます。脱毛して約1ヶ月を過ぎた頃からムダ毛が生えてきますが、脱毛を繰り返すことで最終的に自然な形で永久脱毛ができます。家庭で好きな時に永久脱毛ができるのであれば、こんなにうれしいことはないですよね。

 

Vラインを脱毛する時には、残す毛の形を考えてから脱毛するようにしましょう。人気があるデザインは、ビキニラインに合わせて多少の丸みを帯びた形のようです。女性器やおしりの穴周辺は脱毛しにくい場所ですが、照射範囲の広い脱毛器を利用すれば、自分でも脱毛は可能だと思います。家庭用脱毛器を使って全身脱毛を試してみましょう。

 

家庭用脱毛器